小平市の出張写真撮影

小平市の出張写真撮影プロカメラマンフォトサービス予約依頼

出張撮影 小平市

当サイトをご覧くださり、ありがとうございます。こちらのページでは小平市でのプロカメラマン(プロ写真家・フォトグラファー)による出張撮影サービスを紹介しています。

 

本サービスでは、赤ちゃん写真・キッズフォトから結婚写真・ウェディングフォト、還暦祝いといった家族写真を中心に各種記念写真を気軽にご依頼いただける安心価格で承っております。

 

▼サービス内容・ご利用料金等の情報につきましては、下記の公式ホームページにて詳しい記載がございます。

ロケーションフォト

 

▼撮影ご希望日まで日数が少ない方は下記窓口よりお問い合わせくださいませ。

ロケーションフォト 依頼

 

≪地域情報≫

 

●概要
小平市(こだいらし)は、東京都の多摩地域にある市である。東京都特別区部への通勤率は29.1%(平成22年国勢調査)。
江戸時代の新田開発により集落が形成されてきた。市内には、西武鉄道の新宿線、拝島線、国分寺線、多摩湖線のほかJR武蔵野線が走っている。市内には玉川上水の遊歩道、小平霊園など緑が多い。

 

●地域
・東部
花小金井、花小金井南町、大沼町、美園町、天神町、鈴木町、御幸町、回田町、仲町、学園東町、喜平町

 

・西部
学園西町、小川東町、小川西町、小川町、津田町、栄町、たかの台、中島町

 

・南部
上水南町、上水本町、上水新町

 

●地名の由来
1889年の7村合併の際に、当時の中心であった小川村の小と周辺地域が武蔵野台地上にあり平らな土地であったことから小平の名がつけられたとされる。(出典:「多摩ら・び」2000年No.14)(その平地の割りに下水が完備されていない時期は船で移動するほどの洪水があった。)

 

●地理
武蔵野台地の西側に位置する。市域は底辺の長い台形の形をしており、「小平」という地名のとおり起伏はあまりない。市域の東端に石神井川の源流があるが、それ以外の地域では水を得ることが困難であった。しかし江戸時代に玉川上水が開削され、そこから分水を取ることが可能となり、初めて開拓の条件が整った。 かつては風による被害を防ぐため屋敷林(防砂林)が植えられており、市内には保存木に指定されているものがある。1931年に今の津田町に移転した津田塾大学の最初の工事は防砂林の植樹であった。

 

交通は東京の中心へ向かう青梅街道、五日市街道、西武鉄道新宿線および拝島線が市を東西方向に結んでいる。また南北方向には小金井街道、府中街道に加えて、西武鉄道国分寺線、多摩湖線、JR武蔵野線が通り、所沢・国分寺方面等に連絡している。

 

市内で初めて鉄道が通ったのは明治時代の川越鉄道(現在の西武鉄道国分寺線)で、府中街道に近い小川駅が開設された。 市内には、旧新田時代の地名である小川、鈴木、大沼、等が残るほか、江戸時代尾張徳川家の鷹場があったことに由来するたかの台、1883(明治16)年の明治天皇行幸に由来する御幸の地名等がある。

 

●歴史
市域は武蔵野台地でも水利に乏しい地域で、考古遺跡は旧石器時代の鈴木遺跡や、奈良時代から平安時代の竪穴住居跡が見られる八小遺跡(どちらも市の史跡)がわずかに分布しているのみ。律令制下では武蔵国多摩郡に属し、官道である東山道武蔵路が、中世には鎌倉街道上道の道筋が南北に通過しているが、近世まで安定的定住は困難であったと考えられている。
江戸時代には、青梅街道が整備され小川宿が設置され、承応3年(1654年)に開削された玉川上水から分水された用水路の整備を受けて新田開発が行われ諸村が形成され、一部は武蔵野新田に属する。市域では武蔵野台地で特徴的な街道をはさむ短冊形地割が残り、旧名主家の地方文書も数多く現存している。

 

また、延宝6年(1678年)には尾張徳川家の鷹場(鷹狩を行う場所であり、地元民は狩や害獣駆除のための鉄砲の使用などが制限された)が設置された。たかの街道やたかの台の地名はこれに由来する。
明治時代以降も都心郊外の純農村地帯であった。明治時代初めの一時期、玉川上水を利用した舟運が行われ、明治期には鉄道誘致運動が盛んになった。中央線小川駅設置計画はルートが南方に変更されたため挫折したが、明治27年に川越鉄道(西武国分寺線)の小川駅が開設され、昭和初年には西武新宿線、西武多摩湖線がそれぞれ開業した。関東大震災後には「学園都市」と銘打って現在の学園東町・学園西町付近の宅地開発が行われ、昭和初期には津田英学塾などの学校や病院なども設けられた。陸軍経理学校などの軍事施設も置かれ、次第に人口は増加したが、1944年に町制が敷かれた当時も大半は農地(畑)であった。
戦後には都心部の住宅難に対応するため都営住宅の建設が進み、高度成長期にはベッドタウンとして人口が急激に増加。団地、官公庁住宅の建設や、民間による宅地開発が進み、スプロール現象も見られた。ブリヂストンや日立製作所などの工場、大学や専門学校など教育機関も増加した。昭和48年に武蔵野線が開通。急激な都市化の進展に対して、都市基盤の整備は遅れがちであったが、下水道の敷設、駅周辺の整備や土地区画整理も行われた。

 

●観光
・名所・旧跡
小平霊園
野口雨情、壺井栄、宮本百合子、伊藤整、添田唖蝉坊、佐々木味津三、小川未明、佐分利信、西ノ海嘉治郎などの墓所がある。(墓地の大部分は東村山市にあたる)
東村山市・東久留米市・小平市にわたり、公園事務所の所在地は東村山市である。
野火止用水
玉川上水

 

・公園
小金井公園 (小金井市と一部が小平市、西東京市、武蔵野市にわたる都立広域公園)
小平中央公園
小平東部公園
たけのこ公園
あじさい公園

 

・美術館・博物館等
小平市平櫛田中彫刻美術館
東京都薬用植物園
GAS MUSEUM がす資料館
小平ふるさと村
1908年に建てられた旧小川郵便局舎等が移築されている
鈴木遺跡資料館
ふれあい下水道館

 

・イベントホール
ルネこだいら

 

・レジャー施設
小金井カントリー倶楽部
1937年10月3日開場、戦前からあるゴルフ場
テルメ小川(天然温泉)
小平東部公園プール
おふろの王様花小金井店(天然温泉)
こもれびの足湯(清掃工場の温熱による公共足湯施設)

 

・その他
FC東京小平グランド
GAS MUSEUMと、新青梅街道を挟んで向かい合っている。
「九道の辻」。東村山市との境にある八坂交差点のこと。かつては9本の道が交差していた。現在は7本となっている。
市内には丸ポスト(丸型ポスト)が多く残っていることで知られてきたが、2007年の調査により29本が確認され、2008年4月14日には運用されていなかった小平ふるさと村の前のものが復活し計30本となった。同年、都内最多として「丸いポストのまち」を宣言した。

 

・祭・イベント
江藤俊哉コンクール(8月)
小平市民まつり(10月)
グリーンロード秋の収穫祭(11月)
小平産業まつり(11月)